どの程度の「あきらめ」なのか、それが問題である

どの程度の「あきらめ」なのか、それが問題である。それがなるべく小さな「あきらめ」であることが望ましく、そのためにも交際の初期の段階での観察が重要なのである。その「あきらめ」ができない場合がある。我慢の限界を越えるのである。当然、そこで結婚生活は破綻する。むかしにくらべて、今は離婚率が高い。これはひとつには、離婚を妨げる外的条件が少なくなったせいであり、またそれだけ男女の関係が自由になったからである。女の地位が向上したからでもあり、離婚しても生活することがらくになったからでもある。それだけではない。男も女も、おすすめ 出会いアプリ を使って「あきらめ」の許容量が低くなったためでもある。あきらめるかわりに、「あたらしくやり直そう」という気になるのである。この意欲は、たしかにりっぱである。けれどもその一面、辛抱強きが失われてしまった結果、ということも考えられる。恋愛するのも手軽なら、別れるのも簡単になった。自分に対しては寛容でありながら、相手に対しては寛容ではない。このような人は、あたらしい恋愛や結婚をしても、また同じことをくり返す可能性が強-w「妻を要らば才長けて」ということばがどの程度男の本音をあらわしているかを書こうとしたのだが、どうやら話は脇道に外れてしまったようだ。異性の本音を知るのはむずかしい。正体を知るのはもっとむずかしいのである。躍もが毘めた普通の女高校三年のとき、ぼくは一人の少女を好きになった。その少女は、同じ部の二年生であった。彼女の容姿は普通であった。そう豊かな家の子ではなく、敗戦直後のことなので、その服装もよくはなかった。多くの男をひきつけた女の場合つまり、外見的には、ぼくがその子を好きになるとくべつの理由は、まったくなかった。ただの下級生であった。あたまは良かった。女子では学年で一番であった。あるとき、女生徒の消息にくわしい男がぼくに説明した。「ほんとうは二番なんだ。ところが一番の子が病気長欠で順位が下がり、あの子が一番になった」後年ぼくはその少女に、そのことの真偽を問うてみた。「いいえ、その前から、あたしは負けていなかったわ」きっぱりと、彼女はそう否定した。ま、そういうことはどうでもよい。ただ、彼女が生まれつきのあたまの良さに加えて努力で一番の座を確保しているのはたしかなようであった。彼女のその頭脳の良さと向上心が、ぼくをして彼女を好きにならしめた要素のひとつであることは、これは否めない。